読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ATOKが使えるようになりました

「SmartPhoneFun」さんのブログを参考にATOK導入を再チャレンジしてみました。結果はバッチリ成功しました。SmartPhoneFunさんありがとうございます!とても判りやすい導入方法はこちらです。
http://blogs.yahoo.co.jp/eramacfun/4601411.html
その内容を覚書としてそのまま転載させていただきます。
−−−−−−−−−−ここから転載−−−−−−−−−−

◆【ATOK環境構築】とりあえずATOK
■ まず最初に用意するもの
1.Atok Default Eanbler for Hermes
★大陸諜報活動新聞・解放区★
http://asukal.net/blog/2006/08/hermeshw69xxatoksip.html
ATOKが標準のSIPまま起動されても何事もなかったようにしてくれるソフト

2.ATOK for PocketPC
日本語入力システム「ATOK for Pocket PC」オンラインカタログ
日本語入力ソフト

3.PQzII
NICQUE Freeware
NICQUE Freeware
  3-1.PQzII_CHT9000.cab
  3-2.PQzII_20060908_0007-2_Hermes.zip
  3-2.PQzII_Task_20060909_0007c_WM2005.zip
ハードウェアキーにCTRL/ALTや任意のアプリケーションを割り付け可能

■ 導入手順
1. Atok Default Eanbler for Hermes のCABファイルを適当なフォルダに入れておく。
2. ATOK for PocketPCをインストール
3. ATOK for PocketPCのインストール後、リセットを促されるけど無視する。
4. 上記1で保存しておいたAtok Default Eanbler for Hermes のCABファイルを実行する。
5. 本体をリセット

これで、再起動後に画面が真っ白にならなくなり、ATOKが使えるようになります。

6. PQzIIをインストール
  6-1.PQzII_CHT9000.cabをインストール
  6-2.PQzII_20060908_0007-2_Hermes.zip 及び
     PQzII_Task_20060909_0007c_WM2005.zip を解凍し、
     展開された PQzII.exe と PQzII_Task.exeを
     X01HT上にインストールされたファイルと差し替える。

7. IMEの切替えを適当なボタンに割り付けます。
私の場合は素直に"文字"キーに割り当て

  PQzIIのSetup画面を開き、IMEタブを選択、
  IME欄に「0x76」と入力してOKボタン
−−−−−−−−−−転載ここまで−−−−−−−−−−
KOTETUさん作の「マルチタップ」と併用すると、Port画面での入力がとても快適に出来るようになりました。

PQzⅡの設定はこのようにしました。